学校沿革史

年号 年 月 日 事      項
明治 37. 9.30 鵡川村大字穂別1線19号に穂別教育所を開校
45. 4. 1 穂別尋常小学校と改名 辺富内特別教授所を設ける
大正 1.10. 5 校舎改築
2. 4. 1 2学級編制
3. 4. 1 3学級編制
5. 4. 1 単級編制(児童72名)
6. 4.22 単級編制(児童79名)
5.10 御真影奉置所建設
6.15 校舎改築(玄関、教室廊下器具置場など設置)
7. 4. 1 単級編制(児童74名)
8. 4. 4 単級編制(児童77名)
9. 4. 1 単級編制(児童69名)
10. 4. 1 単級編制(児童59名)
11. 4. 1 単級編制(児童65名)
12.20 校舎付属物置、井戸小屋建築
12.11. 1 2学級編制(児童74名)
11.23 教室、便所増築
13.11.30 教室、廊下増築
12. 1 3学級編制(児童160名)
14. 4. 7 4学級編制(児童216名) 高等科を設置
15. 4. 1 5学級編制(児童261名)
4.30 便所、住宅増改築、児童昇降口新設、仮校舎建設、職員室改築
昭和 2. 4. 1 5学級編制(児童277名)
3. 4. 1 6学級編制(児童286名) 寄宿舎建設
5. 1 門柱建設
8.31 校舎移転、増築
4. 3.15 1教室増築
4. 1 6学級編制(児童331名)
5. 4. 1 6学級編制(児童337名)
6. 4. 1 6学級編制(児童332名)
7. 4. 1 6学級編制(児童328名)
5. 1 校旗制定
8. 4. 1 6学級編制(児童329名)
9. 4. 1 6学級編制(児童278名)
4.11 国旗掲揚塔設置
10. 4. 1 5学級編制(児童307名)
13. 4. 1 6学級編制
14. 4. 1 6学級編制(児童293名)
15. 4. 1 6学級編制(児童307名)
9.25 器械体操用鉄棒を設置
16.10.20 鉄棒設置、その他体育施設を整備
17. 4. 1 7学級編制(児童322名)
穂別村立穂別国民学校と改称 御真影奉置所を奉安殿と改称
18. 4. 1 7学級編制(児童305名)
9.30 2教室と屋内体操場を設置、増築
19. 4. 1 7学級編制(児童327名)
20. 8. 1 8学級編制(児童364名)
21. 4. 1 7学級編制(児童357名)
8.11 低鉄棒4基設置
8.30 奉安殿取り壊し
22. 4. 1 6学級編制(児童288名) 新制度により穂別村立穂別小学校と改称
23. 4. 1 6学級編制(児童285名) 通学区域設定される
9. 1 校舎移転、改築
24. 3.31 宿直室を兼ねての校長住宅新築
4. 1 6学級編制(児童334名)
25. 4. 1 7学級編制(児童374名)
26. 4. 1 8学級編制(児童392名)
27. 4. 1 10学級編制(児童337名)
28. 4. 1 11学級編制(児童382名)
5. 1 2教室増築
9.15 電話新設
29. 4. 1 11学級編制(児童401名)
9.30 全国NHKラジオコンクール室蘭地区大会第4位に入賞
30. 4. 1 11学級編制(児童417名)
9.30 北海道学芸大学函館分校との共同研修を開催
31. 4. 1 11学級編制(児童451名)
9.30 北海道学芸大学函館分校との共同研究会第2年次開催
32. 4. 1 11学級編制(児童420名) 通学区域一部変更
33. 4. 1 12学級編制(児童440名)
4.24 落葉松、とど松、校庭周囲に植樹(100本)
10.30 北海道学芸大学旭川分校付属小学校と共同研究会を実施
34. 4. 1 12学級編制(児童420名) 新築校舎建設計画に入る
11.17 北海道学芸大学函館分校との共同研究会(体育)を開催
35. 2. 4 新校舎4教室完成(第1期工事)
4. 1 12学級編制(児童433名) 会議室、玄関改築
10.14 第2期新校舎建設工事に入る
36. 4. 1 12学級編制(児童417名)
新校舎3教室,校長宅、特別教室完成(第2期工事)
4.18 ストローブ松、五葉松を校庭に植樹(200本)
10.14 新校舎5教室完成(第3期工事)
11.25 新校舎落成記念式、開校57周年記念式祝賀会を開催
37. 4. 1 12学級編制(児童412名)
38. 4. 1 11学級編制(児童401名)
6. 3 楽焼釜場完成
8.20 グラウンド排水、整地工事、特別教室移築
10. 7 管内図工・美術研究大会を開催
39. 4. 1 12学級編制(児童379名)
5.12 校舎裏にとど松、ストローブ松、エゾ松植樹(350本)
7. 8 北海道学芸大学函館分校との共同研究会を開催
8.10 鼓笛隊編制、初のパレードに参加
9.30 開校60周年記念式典挙行 穂別小PTA、道P連会長賞を受賞
11.20 水飲み場完成
40. 4. 1 12学級編制(児童362名)
41. 4. 1 12学級編制(児童359名)
5.10 鉄柱、野球用バックネット設置、環境整備二ヶ年計画により実施に入る
9.10 野球用スコアボード設置
9.16 屋内体育館落成(752.55m2
10. 3 屋内体育館落成記念式典・祝典挙行(屋体幕、放送機、校門、国旗掲揚塔整備)
42. 4. 1 12学級編制(児童346名) 校舎完成、北海道100年記念植樹
5. 5 入学児童記念植樹(プラタナス200本)
5.15 校舎前面グランウド校庭にグリーンベルト造成
5.20 図書室、保健室設置、学校保健委員会を設置
11.10 北海道学芸大学函館分校との共同研究会を開催(道徳)
12.13 温食給食を開始
43. 4. 1 12学級編制(児童363名) 養護教諭配置される
6.29 旧大和小中学校廃校による鼓笛隊楽器など多数の教具受領
7.31 全校舎に火災報知器取付
9.10 非常口、階段を鉄製とする
9.30 宿直室を公務補室として改修 胆振管内教育研究協力校に委嘱される
44. 4. 1 12学級編制
5. 9 教材用ふじの木植樹
6.23 児童用自転車小屋設置
45. 4. 1 12学級編制(児童361名) 茂別小学校を本校に統合 スクールバス運行
7. 1 校舎裏に避難用(物品運搬用)道路の新設
7. 7 焼却炉及び小屋を屋体裏に設置
7.25 学習教材用池の完成
46. 4. 1 11学級編制(児童364名)
8. 1 教材教具室増築
47. 4. 1 特殊学級設置、11学級編制(児童364名)
6.30 グラウンド北側拡張(側溝整備)
48 .4. 1 特殊学級を含めて11学級編制(児童343名)
9. 1 石炭庫新設
12. 1 スケートリンク新設
49. 3.15 外物置新設
4. 1 特殊学級を含めて11学級編制(児童331名)
9.29 開校70周年記念式典、祝賀会挙行
50. 4. 1 特殊学級を含めて11学級編制(児童325名)
12. 6 校長住宅新設落成(宿直室を兼ねての)
51. 4. 1 特殊学級がなくなり11学級編制(児童313名)
5.10 グラウンド北側改修工事
52. 4. 1 11学級編制(児童317名)
53. 2.22 公開研究会開催
4. 1 11学級編制(児童314名)
8.18 校舎正面道路舗装工事完了
54. 4. 1 12学級編制(児童326名)
5.19 ふじだな設置
8. 6 東側便所全面改築 外水飲み場改築
10.30 胆振教育局委嘱、胆振教育研究所実験校、公開研究会開催
11.11 胆振東部PTA研究大会会場
55. 4. 1 12学級編制(児童313名) 学校田造成
4.10 牛乳給食開始
6. 4 学校水田による稲作はじめる
9.27 校舎裏側排水工事完成
10. 6 西側外水飲み場改築
12. 8 特別教室(図工室、特別活動室)新築完成
56. 4. 1 12学級編制(児童296名)
57. 4. 1 11学級編制(児童296名)
5. 1 校舎内中央手洗い場改築
58. 4. 1 10学級編制(児童291名)
59. 4. 1 9学級編制(児童273名) セコムによる夜間警備に入る
9.30 開校80周年記念式典、祝賀会挙行 手のひら花壇造成
60. 4. 1 11学級編制(児童257名)
4.25 学校水田拡張、整備改良、溜池整備
8.26 メインポール設置
61. 4. 1 障害児学級1学級認可 10学級編制(児童250名)
6.30 グラウンド放送設備設置
62. 4. 1 障害児学級を含めて11学級編制(児童248名)
9.12 フッ素洗口開始
9.29 胆振教育局指定、胆振教育研究所委嘱指定「勤労生産体験学習」公開研究会開催
63. 4. 1 障害児学級を含めて10学級編制(児童235名)
10.20 胆振教育局研究実践指定校「小・中・高一貫教育」第2年次公開研究発表会開催
11.15 新校舎建設3ヶ年計画案決定
平成 元年4. 1 文部省学校保健統計実践校の指定を受ける
障害児学級を含めて10学級編制(児童229名)
7. 1 新校舎建設のため一部校舎と体育館取り壊し 新校舎建設はじめる
10.24 胆振教育局研究実践指定校「小・中・校一貫教育」最終年次公開研究会開催
2. 4. 1 障害児学級を含めて9学級編制(児童215名)
8. 8 新校舎検定、引き渡し
8.17 新校舎オープニングセレモニー 引っ越し
3. 4. 1 障害児学級を含めて9学級編制(児童215名)
胆振教育局研究指定校(2年間)となる
4. 1.17 体育館工事完成
4. 1 障害児学級を含めて8学級編制(児童194名)
胆振教育局・研究所研究委嘱校委託校となる
7.19 校舎改築 開校88周年記念式典並びに祝賀会挙行
10.30 胆振教育局・胆振教育研究所・穂別町教育研究会指定公開研究会開催
5. 4. 1 障害児学級を含め8学級編制(児童185名)
9. 1 北海道健康推進実践学校表彰
6. 4. 1 障害児学級を含め8学級編制(児童178名)
7. 4. 1 障害児学級を含め8学級編制(児童168名)
10.23 北海道体力つくり推進優良校表彰
10.27 北海道よい歯の学校優秀校表彰
8. 4. 1 障害児学級を含め9学級編制(児童176名)
文部省指定体力つくり推進校(3年間)となる
9. 4. 1 障害児学級を含め9学級編制(児童155名)
文部省指定体力つくり推進校(2年次)
10. 4. 1 障害児学級を含めて8学級編制(児童151名)
9.25 文部省指定体力つくり推進校研究発表会開催
11. 3. 5 北海道教育庁胆振教育局長実践表彰
4. 1 障害児学級を含めて10学級編制(児童152名)
12. 5 穂別町PTA連合会研究大会
12. 4. 1 障害児学級を含めて10学級編制(児童154名)
5.12 グランド暗渠工事
11. 1 胆振教育研究所研究委託・穂別町教育研究会研究指定校公開研究会開催
13. 4. 1 障害児学級を含めて10学級編制(児童160名)
9.11 記録的な大雨のため、翌12日とあわせ臨時休校とする
14. 4. 1 障害児学級を含めて9学級編制(児童149名)
11. 1 グラウンド砂場移設(道道拡張工事のため)
12.25 野球用バックネット並びに道道側フェンス新設(同上)
15. 4. 1 障害児学級を含めて8学級編制(児童140名)
12. 7 穂別町PTA連合会研究大会(115名参加)
16. 4. 1 障害児学級を含めて8学級編制(児童141名)
第29代校長 齊藤 彰氏着任
11.14 開校100周年記念式典・祝賀会挙行
17. 4. 1 障害児学級を含めて8学級編制(児童140名)
3.27 町合併により むかわ町立穂別小学校となる
18. 4. 1 障害児学級を含めて9学級編制(児童140名)
第30代校長 坂本博子氏着任
19. 2.23 よしこ文庫開設
19.10.30 国際ソロプチミスト苫小牧はまなすクラブより「児童会リングプル集め 表彰」
20. 4. 1 障害児学級を含めて9学級編制(児童126名)
9.25 むかわ町教育研究会指定公開研究会(本校)
21. 4. 1 障害児学級を含めて9学級編制(児童137名)
旧稲里小・和泉小閉校に伴い穂別小学校へ統廃合
第31代校長 片倉徳生氏着任 
22. 4. 1 特別支援学級を含めて10学級編制(児童126名)
23. 4. 1 特別支援学級を含めて10学級編成(児童113名)
胆振管内小・中学校教育実践研究奨励校(胆振教育局指定 平成24年 度迄)
学力向上アクションプラン推進校(胆振教育局指定)
ウォーキングチャレンジ事業推進校(道教委指定 平成25年度迄)
鈴木章文庫開設
24. 4. 1 特別支援学級を含めて10学級編成(児童114名)
25. 1. 1 第32代校長 冨田律子氏着任
4. 1 特別支援学級を含めて10学級編制(児童106名)
11.25 穂別地区防災用発電機設置
26. 4. 1 特別支援学級を含めて10学級編制(児童97名)
27. 4. 1 特別支援学級を含めて9学級編制(児童83名)
小中高一貫ふるさとキャリア教育事業推進校(道教委指定 平成29年 度迄)
11.20 町教研指定公開研究会実施
28. 4. 1 第33代校長 佐々木俊一氏着任
特別支援学級を含めて8学級編制(児童91名)